PMS の症状で熱が出るのはなぜ?どう対処すればいいの?

PMS症状が出る方もいらっしゃいます。

出方も様々で、微熱程度のものから38度くらいの高熱になってしまう方もいます。

もともと排卵後のこの時期を黄体期といいますが平熱が高くなっているのです。

この時期に多く分泌される黄体ホルモンプロゲステロンのためです。

これは赤ちゃんが受精した時に着床しやすいように子宮の温度を高くするためです。

そのように体が作られているのです。

黄体期に高くなっている平熱がPMS の症状によってさらに高くなってしまうのです。

あまり無理をせずにこの時期にはPMS の症状を緩和する薬など飲むこともお勧めです。

有名なのが小林製薬から発売されている命の母ホワイト、ゼリア新薬から発売されたプレフェミンや、ツムラ漢方から発売されている加味逍遙散などの漢方薬です。

プレフェミンにはチェストベリーという西洋のハーブが含まれているのですが、このチェストベリーが入った市販のサプリメントも販売されています。

PMS の症状が辛い方がプラセンタサプリを飲んで体がとても楽になったと口コミしている方々でも多いのでそのようなプラセンタサプリを飲むこともお勧めです。

また、これを飲むことで肌がきれいになったりしっとりするといった嬉しい効果も得られます。

ただPMS の症状で熱が出ていると勘違いして市販の風邪薬など飲んでしまったら、実は妊娠初期症状だったという場合も考えられます。

また、あまりに高熱が起こるときには月経困難症という病気の可能性もあります。

その他にも子宮内膜症やクラミジアなどにかかっている可能性もあります。

生理の時だけ発熱するし、終わればまた平熱にも出るしと考えてそのままほっておく人も多いようですが不妊の原因にもなるので、高熱が何度も出る方は、一度婦人科を受診して検査してもらう方が良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする