PMSの症状で息苦しいのはなぜ?その原因と改善策

PMS症状息苦しいと感じる方がいます。

頭痛や腹痛などと比べてそれほどよく知られた症状ではありませんが、割とよく見られることのようです。

また実際なってる方にするととても辛いようです。

息が奥まで吸えないような感じ、息苦しさや喉の違和感、咳やたんなどの症状です。

これがなぜ起こるのかというと排卵後に黄体ホルモンプロゲステロンがたくさん分泌される時期にPMS という不快な症状を引き起こすことがわかっています。

その症状は身体的なものや精神的なものなど多岐にわたっています。

身体的なもので言うと、頭痛や腹痛、腰痛、微熱などがあります。

精神的なもので言うとイライラする、涙もろくなる、集中力がなくなるなどがあります。

PMS の症状の一つに自律神経のバランスが乱れるということがあります。

自律神経は呼吸など様々な体の働きを司どっている神経です。

これが乱れることにより、呼吸器系にも影響を及ぼしているのではないかということです。

PMS の症状なので10日から3日ぐらい前には収まってしまう方が多く、それを直したいために病院に通うことは少ないようです。

しかし、自分でできればなんとか息苦しい症状を軽減したいですよね。

それにはとにかくリラックスすることが大切です。

アロマテラピーを活用する軽い運動をする、ぬるめのお風呂にゆっくりつかるなどが効果的です。

また刺激物は良くないので、コーヒーや紅茶などカフェインなどを多く含む飲み物は飲まない方が良いでしょう。

PMS の時期には自分は息苦しさが出るっていうことを知っているだけでもかなり精神的に違います。

これ以外にも、PMS の症状がいろいろあって、例えば手足のしびれや背中の痛みなどを感じる方もいます。

生理痛と違って、ホントにこの症状は幅広いのですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする